福祉・介護系の介護福祉士

福祉・介護系の仕事のひとつに介護福祉士の仕事があります。介護士と略されて使われているので、介護士と聞けばご存知の方も多いかもしれませんね。福祉・介護系の仕事の介護福祉士の仕事というのは社会福祉の仕事の中心的な存在で、体の不自由な人や、精神的な障害を持っている人などの、日常生活の支障になっている、入浴や排せつ、食事などを介護することが仕事です。

福祉・介護系の介護福祉士の資格は国家資格で厚生労働大臣によって免許が渡されます。福祉・介護系の資格の中でも一番中心核で一般的な資格の一つではないでしょうか。介護福祉士の資格を取得する場合には試験に合格する必要がありますが、試験を受けるためには、介護などの仕事を3年以上やったことがある人、または福祉系の高校を卒業した人に限られています。

福祉・介護系の介護福祉士の資格試験の合格率は48パーセントといわれていますからそれほど簡単でだれでもとれるという資格ではありません。資格を取得してからは、各市町村などの社会福祉事業施設で働いたり、介護老人福祉施設や障害者施設などの福祉・介護施設で働くことができます。これからの高齢化社会に向けて、今福祉・介護系の資格の中でも介護福祉士の資格はかなり重要視されています。
ヌレヌレ