クレジットの分割払いでの返済方法

返済方法次第で、クレジットカードの使い勝手が変わります。

分割払いは、一括で返済をしない時に大抵使われる、クレジットカードの返済方法です。

分割払いにすることで、リボルビング払いのような使いやすさからくるカードの使い過ぎを防ごうとする人もいます。

分割払いの設定はカード決済ごとに決定するため、繰り返しカードを使っていると、月々の返済金額が累積し、家計を圧迫してしまうことも珍しくないと言われているようです。

そのため、クレジットカードを使いすぎないように気をつけようという気持ちが働きます。

リボルビング払いで返済をすると、月々の返済金額が一定額以上にならないので、つい軽い気持ちでカードを使ってしまいます。

完済までにかかる金額は、一括で支払った時よりも、分割で支払った時の方が多くなるということは覚えておきましょう。

分割払いでは、アドオン方式という計算方法で、手数料を決めることが多いといいます。

まず最初に利息分を支払い、その間は元金に対する利息は通常通り計算するのがアドオン方式の特徴です。

もしも実質年率でその手数料を計算し直すと、高金利で借り入れたことになってしまうものもあります。

手数料が支払いにどのくらい含まれているのか、クレジットカードの恩恵を被る時には知っておくことです。

どんな返済方法が望ましいかは人によって違いますが、借入金にできるだけ手数料かプラスされないようにすることで、返済の負担を軽減できます。

お嬢様酵素 通販