二日酔い対策

飲み会は楽しいけど、うっかり飲みすぎて、頭痛、吐き気が出てきて辛いのは二日酔いですね。
二日酔いを防ぐには、肝臓の働きを高め、肝臓の解毒作用を促すことが必要ですが、飲む前、飲むとき、飲んだ後、ちょっと気を付けることで肝臓の働きをよくします。

まず、空腹でいきなりお酒を飲まないこと。空腹でお酒を飲むとアルコールの吸収が速く、二日酔いの原因になります。
キュート一杯の生ビールが美味しいですが、チーズやナッツなど消化に時間がかかる脂肪分を少量摂りながらビールを飲みましょう。
お酒を飲みながらタバコを吸いたくなる人も多いですが、タバコのニコチンやタールは肝臓に負担をかけます。タバコを吸いながらお酒を飲むと二日酔いになりやすいのでやめましょう。
また、アルコールには利尿作用があるため、トイレが近くなりますね。すると、脱水症状になりますので、水分を多く摂りましょう。
飲む時は一緒に食べるおつまみで、二日酔いを防ぐことができます。低脂肪・高たんぱくのつまみ、ビタミンCの野菜がおすすめです。
飲んだ後は寝る前と起きた後にコップ1杯の水を飲みましょう。
そして、十分な睡眠を取ることは、アルコールの分解で疲れた肝臓を回復させます。
アルコールは人によって、強い人と弱い人がありますが、何よりも自分自身の適量を知って、飲みすぎないことが一番大事です。
二日酔いケアの薬、レバウルフがとても人気になっています。