調理法をうまく使う

調理法をうまく使って料理をよい美味しくすることが出来ます。
調理法にはどのようなものがあるのでしょうか。

1つは、煮るです。
煮るという調理法は野菜、肉、魚など様々な食材を調理する時に使います。
食材を煮ることによって、煮汁の味をしみこませたりすることが出来ます。
逆に食材の味を煮汁に移すことも出来ます。
煮ることによって、食材を柔らかくすることが出来ます。

次は、焼くです。
食材を高温で加熱する調理法です。
焼くという調理法は、野菜、肉、魚などの食材を調理する時に使います。
のちほど触れる炒めるとは異なります。
焼くは短期間で熱を加えますので、食材の栄養を失いません。

次は炒めるです。
焼くと異なり直接火で炙らずに、鍋やフライパンを使用して加熱します。
炒める際に油を使用することが多いです。
焼くも、野菜、肉、魚などの食材を調理することが出来ます。
焼くも短い時間で熱を加えますので、食材の栄養を失いません。

次は蒸すです。
蒸すは、水蒸気によって食材を調理します。
専用の蒸し器が必要になります。
蒸すことによって、食材を形を崩さずに調理をすることが出来ます。
加熱する際に油を使用しませんので、蒸すはヘルシーな調理が可能です。

次は揚げるです。
揚げるは高温の油で食材を加熱します。
また、揚げるは食材の栄養を失いません。
油を使用する量が多いので、カロリーが高い料理となることが多いです。
また、油の管理をする必要がありますので、危険性が他の調理法と比較すると高くなります。

このように、調理方法には様々なものがあり、それぞれ特徴がありますので、うまく組み合わせることによってバリエーションのある料理を作ることが可能です。

家事代行は忙しい人におすすめ