私がいなかった時の飼い犬の様子を聞いて小さな幸せを感じました。

私は彼氏と同棲をしているのですが、その際に昔から飼っている犬も連れてきました。

犬の世話に関しては私が基本的に行うのですが、散歩に関しては彼氏の意向があり彼氏がいるときは必ず2人揃って行くことになっています。

彼氏は夜勤や残業でいないことが多く、私が一人で散歩に行くことが多く、逆に彼氏が一人で散歩に行くようなことは今までありませんでした。

2人で散歩に行く際には散歩からの帰宅時はマンションの階段を2人揃って歩くことが出来ないので彼氏と犬が階段を駆け上がり踊り場で必ず私が昇ってきていることを確認してから更に上に犬が階段を駆け上がっています。

ある日、私の仕事が遅くなってしまい初めて彼氏が1人で散歩に連れて行ってくれました。その際に犬がずっと私を探していたそうで、階段を上るときも首をかしげながら踊り場でずっと下を見て小さい声で鳴いていたそうです。

その話を後から聞いて、たまに私の言うことを聞かず彼氏にくっついて歩いている犬なのに私のことを待っていてくれたり探していたということが単純に嬉しかったです。

私のこと飼い主だって分かってるのかな?餌をくれる人ってだけの認識なのかな?と思っていたので本当に嬉しくて報われたような気持ちになり、小さな幸せを感じました。

幼馴染に自分を恋愛対象として認識させる方法