目を悪くしない予防

現代では、テレビゲームやモバイルゲーム、小学生の頃から携帯電話をもつ子どもがいたりと、目をつかうことが多くなってきています。

親としては、こどもに目が悪くなって欲しくないですよね。そこで目を悪くしないための方法をご紹介します。

【部屋を明るくする】
テレビを見るときや、本を読むときは必ず部屋を明るくしてください。もちろん暗い場所でのモバイルゲームもです。ついついやってしまいがちなのが、ベットの中でスマホ画面を見てしまうこと。暗い場所で目を酷使することは、目にとっては悪影響です。

【時間制限する】
次に携帯やパソコンを使用する時間を制限することです。最近では、勉強でもタブレットを使用したりPCで作業したりする機会が増えています。ゲームは1日1時間にするなど、使いすぎを抑制するために使用できる時間を制限することもおすすめです。

【ブルーライトメガネ】
昔と違って、学校でタブレットが支給されたりもする現代で、スマホやPCをまったく使わないというのは難しい話です。最近ではブルーライトを50%カットしてくれるメガネなどがあるので、そういったものを早めに取り入れて予防していきましょう。

【日光浴】
近視になる原因は、眼球が伸びてしまいピントが合わなくなることです。この症状を予防するのには、1日2時間以上、太陽に浴びることがいいと言われています。やはり緑を見た方がいい、や、子どもを外で遊ばせた方がいいというのも理由があるのかもれません。

おすすめサイト:ルックルックベリーの口コミや評判は?【本当に効果あるの!?】