借りる方も知識を重ねる必要がある

日本政策金融公庫の融資審査を受け、融資審査に通ると、「審査に通った」「融資を受けた」という実績が残ります。銀行、民間の金融機関にもこれで審査が通りやすくなるでしょう。ですから、銀行の審査に自信がなければ、日本政策金融公庫の融資審査をまず受けてみることが賢明と言えるでしょう。借入れ実績が積み重なればそれだけで会社の信用度があがります。将来的に他行で融資を受ける際もその履歴が看板になります。

日本政策金融公庫の融資審査には保証人は必須です。一般の銀行なら定期預金を元に、無担保無保証で融資を受けられる金額が決まります。しかし日本政策金融公庫は預金受け入れ義務はありませんので、そのルールはありません。しかし、保証人がもしどうしても見つからない場合、保証人不要の制度がありますので、その制度内に入らないかまずは見てください。どのような場合に保証人が不要かですが、女性の小口融資、商工会議所や商工会の推薦がある場合です。

世間では融資を受けることをすごく簡単に思っておられる方がおられます。しかし、それは間違いです。公的機関である日本政策金融公庫ですが、やはり融資は他人にお金を貸す行為です。借りる方も必死になって勉強し知識を重ねる必要があります。ユウシサポ,中小,公庫